​「たけのことオロチの爪の甘辛炒め」

【材料 作りやすい分量】

たけのこ(水煮)   200g

雲南オロチの爪    2本

みりん        70ml

酢          70ml

ごま油        大さじ1

きび砂糖       大さじ1

みりん        大さじ1

醤油         大さじ1強

 太田さんの一言メモ 

辛さの中にも風味が感じられ、しっかりと戻った後の肉厚さも魅力のオロチの爪。漬けてすぐは辛味が強く、1〜2週間経つと漬け液の方に絡みが流出し、本体の辛味は和らいできます。お好みのタイミングでどうぞ。漬け液はスイートチリソースやタバスコのような使い方がおすすめ。焼きそばなどの麺類、パスタ、サラダのドレッシング、生春巻きのソースなどに加えて風味を楽しんでみてください。

1.

雲南オロチの爪は頭を切り落とし、ハサミの先や箸を使い、種とワタを丁寧に出す。2〜3㎝の輪切りにし、小瓶などに入れてみりんと酢を同量合わせたものに漬ける。1日後から使用できる。

2.

たけのこは下茹でなど指定の下ごしらえをし、縦に一口大に切る。

3.

フライパンにごま油を引き、②のたけのこを炒める。水分がなくなり焼いた感じが出てきたら、きび砂糖、みりん、醤油を入れ、①のオロチの爪を入れ、水分が飛び照りが出てくるまで炒める。

※オロチの爪を入れるタイミングで若干辛さを調節できます。仕上げに軽く火を入れる程度に絡めると、全体的な辛さは控えめに(本体は辛いです。)温度が落ち着いてから食べると、辛味もじんわりとした感じになります。