​「うずら豆のマリネ」

【材料】 作りやすい分量

・うずら豆(乾燥)   150g

・エリンギ       大1本

・紫たまねぎ      1/4個

・パセリ        適量 

・あればローリエ

★調味料

・米酢         大さじ2

・オリーブオイル    大さじ2

・きび砂糖       小さじ1

・塩          小さじ1/2程度

 太田さんの一言メモ 

豆は、自分で茹でると好みの柔らかさで仕上げることができるのが良いところ。茹で上がったら熱いうちに味をなじませるのがポイント。あっさりとした味でたくさん食べられる、サラダ感覚のマリネです。

1.

うずら豆は3倍程度の水に6~12時間ほど浸しておく。途中豆が水から出ないように注意する。

2.

①の水を変えて火にかけ、沸騰したらカップ1杯ほどの水を差し再度加熱しながら出てきたアクをすくい取る。アクが多いと感じる場合は、ゆで汁を捨て新たに水を入れ、再度加熱しアクが出てくればすくい取る。足りなければ水は適宜足して良い。

3.

煮え立たないよう弱火にし、あればローリエを入れ豆が好みの硬さになるまで茹でる。

4.

茹でている間に、エリンギを5ミリほどのみじん切りにし、小鍋に入れ塩3つまみ(分量外)ほど入れ、蓋をしてごく弱火で蒸し火を通す。紫たまねぎはエリンギと同じくらいの大きさにみじん切りにする。

5.

ボウルに④、☆調味料を入れ馴染ませておく。茹で上がった③をザルにあげ、水気を切ったら熱いうちにボウルに入れ、一緒に混ぜ味を馴染ませる。パセリを刻んで混ぜ出来上がり。

豆は時期や産地によってアクの出方や柔らかくなるまでの時間に差があり、戻し方、茹で方にもいろいろな方法があります。一度だと「これでいいのかな…?」と思ってしまいますが、要はうまく柔らかくなれば正解。何度も繰り返していると豆のことを理解できるようになり、浸水時間、茹で時間、火加減などの具合も「これでいいかも」と自分なりにわかるようになりますよ。